2013年05月05日

和希に妹ができました♪

4/29(月)17:57 女の子誕生

体重2814g 身長50.5p


予定日は5/2

37週頃より夜に前駆陣痛あり、健診でも子宮口開いてきてるけど、

まだ赤ちゃん降りてはきてないからね〜って言われてて、

まさか4月生まれになるとは思ってなかった。


4/29当日、朝からお腹の張りが強かったけど、不規則やったし、

家事を済ませた後、2時間近く寝てたら治ってた。

旦那の友達がPC直しに来てくれる予定やったので、

夕飯の買い出しをして、お昼に焼きそば作って食べて、

ベビーベッドを組み立ててもらった。(13:30)

この時くらいから定期的かな?って張りがあり、

試しに計ってみると10分間隔…。

でもまさかねって感じで、

旦那は心配しつつも、大国町まで友達を迎えに

14:40分頃より陣痛間隔が5分になり、

やっと、ちょっとホンマに陣痛?ヤバいかな…と思い出す。

旦那に電話すると住之江辺りとのこと…

和希を預ける用意と入院準備をして、

一応、病院に連絡すると…やっぱり来てくださいと。

15:20分ころ旦那帰宅後、

15:40和希をばあばに預けて病院へ

16:00に診察&入院となり、陣痛間隔3分も

看護師さんにはまだ余裕っぽいね、と言われる。

今日中に生まれるか、日付またぐか…と言われるも

LDRで着替えて分娩台に乗ってしばらくすると、

陣痛持続時間も長くなり、痛みも増強

看護師さんや助産師さんがバタバタ準備し始める。

点滴するも血管細いし、合間に陣痛くるしで、4回失敗

急激にお産が進んでいくのに身体が追いつかず、

いきみ逃すのと息を吐くのに精いっぱい

で、パシャ!!っと噴水のように破水して

しばらくしていきんで、赤ちゃんの頭挟まる感じあり。

挟まってる間がめっちゃ痛かった

呼吸整ってなかったのか、

『赤ちゃんにも酸素送ってあげましょうね〜』

って、酸素マスクをつけられた。

で、『もう力抜いていいよ〜』って言われても手を開けず

『おぎゃ〜〜』と元気に泣いて赤ちゃん誕生

和希は生まれた時泣かへんかったから、

おお!泣いた〜って感じ(笑)

しばらくして、またお腹痛くなり、胎盤排出。

赤ちゃん生まれた後も、お股とお腹が痛くて

足もガクガクが止まらなかった

先生曰く、切っても縫ってもないし、出血量も少ない安産!

らしいですが、めっちゃ痛かったし、今も痛いし、

生まれた後の後陣痛(1日半くらい)もきつかった

でも、念願の女の子

めっっちゃ嬉しい〜〜


入院中:和希は27日からひいてた風邪が悪化。
    40度の発熱、嘔吐・食欲不振で点滴
    旦那も仕事を休んで通院&看病
    入院二日目より私も咽頭痛など風邪症状強くなり、
    マスクして鼻を垂らしながら授乳…
    お泊りしてたばあばも発熱
    旦那も咽頭痛……和希菌は強烈やった。。。

そして、新生児聴覚スクリーニングで1ヶ月健診で右耳再検査
posted by みか at 22:05| 大阪 | Comment(0) | 咲希ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。